上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親の期待通り、当然のように福祉の勉強をするために大学へ。
社会福祉士・精神保健福祉士の勉強をするために一人暮らしをしました。

社会福祉の勉強はそれなりに興味はあったので、続いたのかも…
いくつもあった社会福祉の講義で、一番心に残っている言葉。
それは、障害者福祉論の教授が話した内容でした。

「自閉症のいる家庭は、必ず、崩壊する」
「母乳育ちには、自閉症はいない」
「上流階級にも下流階級にも自閉症は生まれない。宙ぶらりんの家庭だ」

この講義、落とす訳にはいかなかったものの、ただ座っているだけでも、
とても苦痛な時間でした。
教授は、この中に、身内に自閉症がいる人の聞いている可能性なんて、
考えもしないんだろうな。まぁ、世の中こんな人ばかり、こんなもん。
けんちゃん、元気かなぁ。新しい施設には、慣れたかな…

そのころには、諦めることはすっかりたやすいことになっていました。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。