上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が通う小学校には、特殊学級がありませんでした。
隣の学校区の小学校の方が大きくて、けんちゃんはそこの特殊学級に
通っていました。

中学校は、けんちゃんの通う小学校の生徒と私が通う小学校の生徒、
二校の生徒が、一つの中学校に進学します。

私が進学するころには、けんちゃんは学校区の中学校には進学せずに
養護学校へ進学したので、学校が一緒になることはありませんでした。

特にけんちゃんのことは隠すことでも伝えることでもないと思っていたので
私はけんちゃんが通っていた小学校の生徒とも普通に過ごしていました。


ある日、私のことを好きだと言った男の子がいました。
私は、その子をよく知らないので『そう。ありがと』とだけ返事をしました。

翌日、下校の時にその子は私に、笑いながらこう言いました。
「お前、けんちゃんの妹なのか?」けんちゃんは聴覚過敏があったので、
両耳を両人差し指で強く押さえます。
周りがうるさいと、その姿勢でぎゅうっと目を閉じ、背中を丸めます。
小学生の頃、周りは面白がって、けんちゃんの格好をまねしていました。

誰かが彼に伝えたんでしょう。私がけんちゃんの妹だということを。
その男の子は、けんちゃんのその格好をまねたまま、私に尋ねました。
そんな風にされるのは慣れてはいたけど、前日私を好きだと言った人に
けんちゃんを嘲笑されるのは、なぜか胸が痛くなりました。

…その子のこと、別に好きでもなんでもないのに。

笑っている彼に、私は一言、『そうよ。悪い?じゃあね』と言いました。
彼は笑うのを止め「本当なのか?」と、今度は泣きそうな顔になりました。

そんな表情を見ていると、…もっともっと、胸が痛くなる。
『だから、やめた方がいいわよ』彼の顔も見ずに、私は一人歩きました。
しばらくして「なんでだよ!!」今度は遠くの方で怒っていました。
私は、もう返事はしませんでした。

それ以来、その子と一度も話をしないまま、中学も卒業しました。
高校もどこへ進学したか、どういう人生を歩んでいるのか、知りません。

コメント

コメントありがとうございます

>KOOさん
はじめまして。ポチありがとうございます♪

No title

初めまして。
気持ち何となく分かります。
ポチッ

コメントありがとうございます。

>飛鳥さん
コメントありがとうございますv-22
実はこのブログを作るまですっかり忘れていたエピソードです(笑)
当時の私の対応も…生意気ですよね…ちょっと恥ずかしいです。
子どもの時も、大人になっても土足で踏み込んでくる人には、
未だに壁を作ってしまいます。

No title

こんにちはー
子供は無邪気。。。 
邪気が無いと描くけれど
時々邪気の塊ではないか と感じる事があります
残酷な言動 思ったままをストレートに出す
私も人から噂話を聞かされる事がありました
私自身を噂された事も多々あるでしょう きっと。。。
噂話を耳にした時の嫌悪は未だに否めません
だから どうした と云う感情に支配されます
噂されている本人は一生懸命生きているのに。。。
なんでだよ!
私がもし かなさんだったら
私が逆に 相手に叫び ぶつけたい 言葉です
相手の事を知ろうと努力をする前に
勝手に好いて 勝手にからかって
勝手に驚いて後悔して
人の気持ちを推し量る前に 自分の感情だけを
ぐいぐい 押し込んで来る。。。
悲しいですね。。。
子供の一番残酷な部分だと思います
人の気持ちを思いやる
何も出来ないのなら そっと見守る事も大事
私達大人は 子供達を導いていかなければいけないと感じます

コメントありがとうございます。

>風小僧さん
いつもコメントありがとうございます。
私は、けんちゃんのことは自分から話したい、伝えたいと思うのに、
本当に伝えたい人にはいつの間にか誰かが【親切で】伝えているのです。
そんな親切はいらないと思うのですが(笑)
今では、いろんな事を笑って話せるようになりました。

No title

子供のことば・動作は、時として相手の心を突き刺します。
もし、親や先生が相手の心を考える話をしていればどうだったんだろうと思います。本来の道徳教育は、これを教える場でした。
私の小学校時代は、人を指さす動作でも先生から厳しい言葉を飛んできました。
でも、心痛い思いですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。