上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学の入学式が終わると、早々に母は、「もう、ここで」と言いました。
少し目が赤かったので、母は花粉症持ちですし、疲れたのかな?と、
私は思っていました。

『ありがとう、お母さん』と、私が伝えると、「体には気をつけなさい」と母。
『大丈夫よ』と、私が笑って母に言うと、「またね」と母も笑っています。

隣にいる母の背中が、小さく見えました。

少しだけ、私の方が身長は高くなっていたけれど、そういう意味ではなく、
母の背中は驚くほど小さく見えたのでした。

母と別れて私は、とぼとぼと4畳半のアパートに帰り、少し泣きました。
これから始まる一人暮らしの不安が全くなかったわけではないのですが、
その時は母の背中が小さく見えたことに、とてもショックだったのでした。

そして、その時に初めて素直に思ったことがあります。
私、親にちゃんと大事に大切に育ててもらっていたんだ…と。

いつも、自分は必要じゃないと寂しい思いを抱いて生きてはいたけれど、
親は自閉症児を育てながら余裕のない中、私のことも思っていてくれた。
余裕のないのは当たり前。だって、あんなに大変な思いをしてきたもの。

親はいつも「うちには、けんとかなっていう二つの大きな宝がある」って、
言っていた。「うちのバカ娘は…」と言うことは一度も言ったことがなく、
「うちの子はとてもいい子よ」と誰に対しても言っていたっけ。
「いい子」って言われるのも辛い時期はあったけれど、そう言う風に言われ
嬉しいと思ったこともあったはず。

この、折角実家から離れた大学生活の4年間をどう生きようか。
遊んで生きるのは簡単だけど、あまりバカなことはしないようにしよう。
将来を賢く生き抜くために、社会福祉士の国家資格は絶対取得しよう。
福祉の勉強は本当は別にしたくないのかもしれない。
でも、ぐだぐだ言わないで自分にできることからやっていけば、きっと…


きっと… の先は、その時点では続きませんでした。
でも、この時の思いは、その後の人生を豊かなものにしてくれました。

生きる理由が良く分からないと言いつつも、将来のことを考えたりして、
おそらく本当は、強く生き抜く力が欲しかったのかも、と思います。

多分、入学式の時に母は泣いていたんでしょうね。

コメント

リンク・・・

かなさん、おはようございます。
快く受けてくださり、ありがとうございます(^○^)
早速、貼らせていただきました。
リンク貼っても気づかない人もいるので、
今度の記事でリンク貼ったことを告知する予定です。
では、また(^◇^)

皆様、コメントありがとうございます。

コメントのお返事が遅くなり申し訳ありません!
>葵さん
こんにちは!
【自分の存在感を確認しにくい】に、なるほどな〜と思いました。
いろいろ考えられるのは、年をとったからかもしれません(笑)
>kataroさん
わお!ご主人様には内緒だったのですね!
新しいブログにも遊びに行きますね。
私…素直ですか?ありがとうございますっ。
ひねくれて、よじれまくっていつの間にかまっすぐになっちゃったのかも…
私に近付いたらもっとひねくれちゃうので、要注意です(笑)
>必殺調理人さん
そうですね、大人になって分かることって本当にたくさんありますね。
罪滅ぼし、の気持ち、理解できるような気がします。
私はそれで、精神科の仕事を選んだので…
>メアリー。さん
読んで下さってありがとうございます☆嬉しいです!
しかもリンクまで…とても嬉しいです、ありがとうございます。
このブログからのリンクは、つくろうか考え中で…それでもよろしいですか?
ご自身でアラフォー名乗っちゃうの、素敵です(笑)私もまた伺いますね!

初めまして。

こんばんは、初コメントです。
昨日、あし@から来て、一気に読ませていただきました。
サブタイトル・・・「いろいろあったけど、今は幸せです。」の文字に、あたたかい気持ちになりました。
障害児本人、またはその両親の心ばかりに目を向けてきた自分、また社会もそうですよね。
きょうだいの立場・・・ちょっと考えればわかりそうなのに。
もっともっと皆に知ってほしいと思いました。
リンクさせてもらっていいでしょうか?
私は親の過保護ゆえの窮屈さに、
いつも愚痴ばかりの大人になれないアラフォーです。(笑)
よかったら、遊びにきてください。
・・・つまらないBlogですが。 ( ;-ω・)aポリポリ

「大事に育ててもらった。」その気持ちよくわかります。子供の頃はそれがわからずに「自分はほったらかし」って思っていましたが実際大人になったら親の気持ちってよくわかるものですよね。私は5〜6年前まで兄のことや障害者のことには関わらずにきました。しかしボランティアや他の兄弟との出会いを通じてたくさんのお金には替えられないものを得ました。(兄の事を母に任せっきりだったので自分なりの罪滅ぼしというか恩返しみたいな感じで始めたのですが。)これからは自分に出来る範囲で他の兄弟や障害者と関わっていきたいと思います。

No title

元naruです。
夫にブログがばれちゃって別ブログ立ち上げちゃいました。
どっちも本心書いてたけど
こっちのブログには自閉関連を集める事にしています。
よろしかったらこちらにも覗きに来てやってください。
もし、末っ子麗の気持ちを考えられてない私に気付かれたら
叱って、教えてくださると嬉しいです。
今回の記事、
やっぱりかなさんは素直な人だなーと思いました。
今日は、親じゃなくて娘の立場として。
私はほうりっぱなしにされて育った真ん中の子で、いろいろとあったので
理由は違うけど遠い土地に行きたい気持ちは私にもあったし
共感する部分がたくさんあります。
でも、かなさんみたいに素直じゃないです。
母からは今も離れていたいし。
「かわいがられてなんかいなかった」って思っちゃいますもん。
10年くらいかけたらかなさんに近づけるかなぁ。
こんな風に思えるほど素直になれたらなって思いました。

No title

こんにちは(*^_^*)
人はなかなか自分の存在感を確認しにくいものですね〜
でも読んでいて、心が温かくなってきました。

コメントありがとうございます。

>じゅんさん
リンクをして下さって嬉しいです。ありがとうございます☆
私の方もリンク欄を作ろうとも思っているのですが、どこまで…と
線引きが難しくもう少し考えてから決めたいと思っています。
また作る際にはよろしくお願いしますね♪
更新…じゅんさんと違って頻度が低いのですが頑張ります!(笑)
私も、また楽しみに伺いますね!!

リンクさせていただきました♪

かなさんの優しい文体が好きです。
口に出して「宝」といってくれるお母さん、ステキですね。
そういう愛情の支えがあってこそ、
かなさんの文章があたたかいのかも・・・。
これからも更新楽しみにしていますね。
メールのお返事もありがとうございました!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。