勤務先の施設では、同年代のスタッフ・ご利用者は殆どいませんでした。
私は、皆にかわいがってもらいました。

「かなちゃんもいつか、お嫁さんになるんだねぇ。」
そう言われると、何とも言えない笑顔で返してしまいます。
スタッフ・ご利用者問わずそのように言われるということは、
どこからどう見ても社会人半人前だったのでしょうね(苦笑)

与えられた仕事しかできずに、仕事している理由が分からない私、
傍目から見れば、腰かけ程度に仕事をしているとしか思われなかった…
と思ってしまいますが、仕事の評判はわりと良かったそうです。

勤務先の先輩で、頼りになる人がいました。
尊敬していたのか、淡い恋心か、いつの間にか二人で会うように。
「障害を持つ、きょうだいがいるの。」と自然に話していました。
そんなことは何の問題もない、とその場では言ってくれました。

ひと月に1度程度、二人で会うこと、それ位がちょうどよかった。
職場が一緒だったので、毎日姿は見ることができていたから。

しかし、いつもの「この人じゃない気がする。」の思いは強くなる一方。
二人で会った日も、表面的な会話しかできなくなっていました。

好きなのに。
いつも、別れた後に涙が出ます。寂しいからではありません。
彼の乗っていた、RX-7が暗闇に消えていくと、決まって涙が…

イツカ、コノヒトモ、ハナレテシマウ。ワカッテイル。イツモノコト。


「かなちゃん、聞いてくれ。」ある日、彼は言いました。
「かなちゃんのことが好きだ。でも、きょうだいのことは重いんだ。
好きだから、距離を置いて考えたいんだ。ごめんな。」

彼も、私と別れた後に、いつも切なくて泣いていたと知ったのは、
彼と完全に会わなくなって、しばらく経ってからでした。

彼のことを待っていた訳ではないけれど、特定の彼氏は作らず、
時々は彼のことを思い出してました。そんな中メールがありました。

「かなちゃんのことが好きだから、別れたい。(以下略)」
長々と綴られた彼の気持ち。それを読んだ途端、冷めました(笑)
自分に酔っているだけの人だということが露呈されたのです。

なーんだ…
自分かわいさゆえじゃん。この人も結局。
私が初めての彼女だったんだって。
私が遠くを見ているのが、いつも寂しかったんだって。

仕事ができるのも、私より10年近く前から勤めていれば当然。
尊敬していたと思った自分がばっかみたーい!!妙にすっきり。

こんな失恋もありましたが(笑)、まだ自分は誰かを好きになる、
好きになりたい、という気持ちが残っていたことが分かったので、
次に誰かを好きになった時には、好きになった自分を信じて、
そうすれば相手のことも信じることができるような気がしました。

そう思える人ができるまで、特定の人は作らないようにしよう…

10年近く昔の、お話です。

コメント

コメントありがとうございます。

>yukaさん
「その頭の悪さ遺伝する方いやだしって」 私も笑っちゃった!
遺伝云々は、色んな人に言われますよね〜
その都度、凹みました…今は凹むような心は残っていませぬ…
すっかり荒んでしまったのでしょうか(泣)
人生には3回モテ期があるそうです。
私にはもうありません、同窓会に行くとガッカリされそう(笑)
yukaさんは、これからのモテ期をめいっぱい楽しんでください!

No title

私は昔弟のこと言ったら、そういうのって遺伝するんじゃないっていやな顔して言われたことあります。傷ついた(泣)でもそいつ中卒←頭悪くて2年浪人してもどこも入れないって理由。その頭の悪さ遺伝する方いやだしって今なら思えますが(笑)
かなさんはお仕事の評判良くってうらやましいです。私は今全然チンプンカンプン(泣)仕事できるようになりたいです!そしていつかかなさんみたく結婚して母にもなれたらなあ。
にしても、かなさん昔っからモテていいですね★これまたうらやましいです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |