上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父と私(1)

まだ、たまに噛み付かれることのあった高校生の頃。
男性の力には抗えない、無力の私がいる。

自閉症のけんちゃんに噛み付かれ、珍しく取り乱し泣いたまま、
自営をする父の元へ行った時のこと。

父は、店を開けながらも昼夜問わず酒を飲む生活だった。
嗚咽する私の背中をさすりながら、「かなちゃん、かわいそうに。
前(胸)をさするわけには行かないよね。」と酔った父は言った。

私は一瞬で、血の気が引いた。
へらへら笑っている父を一瞥することもできずに、俯いた。

私の味方は、誰もいない。
私はやはり、一人で生きていかなければならない。

コメント

コメントありがとうございます。

>yukaさん
不安はこの先も絶対、なくならないと思います。
それは無理〜って私は諦めてはいますが、それを踏まえて、
どうしていこうかと言うことが大事だと思っていますので、
yukaさんが今の段階でできることをされるのが大切ですよね。
もうすでにされているので、私なんかが言えることはないけど、
まずはyukaさんがどうぞご無事で、更に赤ちゃんが無事なら
言うこと無し☆です。祈っていますからね〜♪

No title

ありがとうございます。不安がなくなったわけじゃないけど(私すごくナガティブなんです)。でもとりあえず毎日葉酸摂取して、ビタミンA取り過ぎないようにしてがんばります。彼に弟を会わせるのも不安ですが、とりあえず彼の事を親に言うのがキンチョー。両親とも過保護なんです。前向きになれるようがんばりますね。

コメントありがとうございます。

>アリッサム。さん
私もどうにか、人の親にならせてもらえて、
 >親は子どもの気持ちをを100%分かるとは〜
と、感じました。これからどんどん思う場面は増えそうです…
でもやはり、どんな状況でも我が子を守りたいですよね!
両親はそれが少しだけ、「けんちゃん>私」だったのかなと、
本当に「=」に近い「>」だったのではないかな、と思います。
私には下品なことを一切言わなかっただけに…
たった一回でも、こうして人の言葉は残ってしまうんですね…

コメントありがとうございます。

>yukaさん
きゃあぁぁ〜!ご懐妊おめでとうございます〜!!
さぞかし戸惑ったと思います。でもやっぱりおめでとう!です。
実はね…私には二人の子どもがいますが、のんびりさんです。
まだ小さくて経過観察中なのですが、いわゆるグレーです。
でも、二人ともめっちゃかわいいですよ☆
なのできょうだいの気持ちも親の気持ちも分かる、かな…
yukaさんのご不安な気持ち、私の気持ちそのままでした。
特に下の子の妊娠中に上の子ののんびり育ちが感じられ、
不安定になりました。酒も食べ物も気を付けていたのに。
周りは「大丈夫だよ!」って言ってくれるけど、根拠ないし。
どんな人生でもyukaさんの人生はyukaさんだけのものだから!
パートナーがしっかり支えてくださる方でありますように☆

コメントありがとうございます。

>Murphyさん
悲しい気持ちにさせちゃってごめんなさいね…
私に向けては今まで一切下品なトークがなかっただけに、
2重に傷ついてしまいました。
泣きじゃくる私を笑わそうとしたのかもしれません。
実際泣き止みましたが(苦笑)

No title

何と言ったらよいのか・・・
冗談ではすまされない言葉だと思います・・・
親は子どもの気持ちをを100%分かるとは思っていませんが
共感しようと努力することはできると思います。
子どもが助けを求めてきた時は、全力で守りたいです。

No title

大変辛い思いをされてたんですね。心のよりどころ、どこだったんでしょうか。。。今となれば、お父様もきっと現実逃避したかったんだなって思えますが、幼い子にはそんな余裕ないですよね。そういう思いされてるから、かなさんは立派な人間で優しいんだなっておもいます。私事、またですが(笑)、妊娠がわかり結婚しようと思ってます。まだ、両親には言ってませんが。私にも、かわいい子産めるのかなって心配です。もし、障害あったら、あなたの方で遺伝したんでしょって責められそうでなんだか不安です。別に、障害があることを否定してるわけじゃないんです、私は。ただ、身内にいない人にはきっと理解が難しいと思うから。と、ホント私事ですいません。

辛すぎる・・・

辛かったね・・・。
読んでいて涙が出そうになrました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。