上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ねぇ、うちは普通の家族だったよね?」
いつになく母が、声のトーンを落として私に聞いてきた。

母の体が、また少し小さくなったようだ。

『普通よ。ちゃんと普通だったよ』
首を傾げながら笑って嘘を言うのは私の癖。でも今日は本心。
私にとって【普通】は、この家族のサンプルしかないのだから。

『大丈夫よ、お母さん』そう言う私に、母も微笑む。

母は、自分の人生は幸せだったのだろうか。
「かなは、小さい時からしっかりしてた。せざるを得なかった。」
『そうね、皆が未だに私のこと優等生だったって言ってるし』
「本当にしっかりしていた。一人で何でも決めていた…」


過去色々あったけど、それでも、私は母が大切。
そんな事を言ったら笑われるだろうか?

コメント

初めて見ましたが
びっくりしました!


暗い!
全体的にダークネス!

何が楽しくて、そんなに暗いのか。
超謎。


もっと楽しめば良いのにw
生きているんだからー。

はじめまして

はじめまして、
まさまさと申します。

MARUさんへ

MARUさん、ありがとうございます。
(お返事をし忘れてしまった私をお許し下さい…)

MARUさんに気持ちを受け止めてもらえて嬉しかったです。
どんな考えであっても、自分が決めたことなら、それはそれ。
人は人。自分は自分。そんなふうに思いました。
これからまた考えが変わるかもしれない。変わらないかもしれない。
どんなふうに気持ちが動いても、気持ち…感情は動きがあって当たり前なんですね。

こんにちは~。

>自分ほど極悪非道な人間はいない

これ、いまだにわたしも思います。
自分のことをそう感じるきょうだいって
実は多いかも知れないなぁと、
かなさんの文章を読んで思いました。

「好き」と感じられるその気持ちも、
かなさん自身の大事な気持ちの一つですね。
他者に左右されない自分自身の感情を見つけたことを、
ぜひ大切にしてください。

家族から虐待を受けてきた友人が複数いますが、
皆、家族への思いはさまざまです。
「(いろいろあったけど)親のことは好き」という人もいれば、
「理解し合うとかはとっくにあきらめてる。しゃーないから介護だけしてる」という人もいます。

感情に正しい、正しくないはなくて、
その時々で変わったり、
また新たな感情を発見したり、
そういう動きそのものなのだと思います。

わんこさんへ

わんこさんも、お母様とは色々とあったのですね。
きっと多かれ少なかれ、親子の間は何かしらあるのでしょうね。

わんこさん、私は自分ほど極悪非道な人間はいない、と、
未だに思いますよ(笑)なんて言うか、冷たい人だと思います。
でも、褒められて伸びる子なので嬉しいです(笑)

お母様も、必死で生きてこられたのでしょうね。
私も実母とはいろいろありましたが
実父が死んだ時「私は幸せではなかった」とつぶやきました。
必死な時は、子どもの気持ちには想い及ばないのかもしれないですね…。

私も実母とはいろいろありましたが
「嫌いではない」ですよ。
私の場合、「好き」とは言えないけど。
「大切」には思えるかしら…?
「意地悪はしない」程度にしか思えてないかも。
かなさんは 優しい人だと つくづく思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。