父の死

突然、ではなかったが、父が亡くなった。
もう意識はない、呼吸が苦しそうだ、いたたまれない気持ちでいた時に、母がすぐそばで父の葬式の話を始める。
何かで聞いたことがある。聴覚は最後まで残っている、と。

「お父さんに聞こえるよ。可哀想だよ。」
と言っても、母には届かない。

父と、色々あったことはもう、赦すことにした。
苦しかった自分のことも、赦すことにした。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |